イメージ画像

企業コーチング(社外コーチ)



強み

 前職では社内コーチとして4年間社員と関わりました。その後独立をして中小企業の社外コーチを行っています。特に製造業に関しては幅広い視点を持つため、コーチングだけではなく、視点の提供や研修・会議運営などを含め、継続的な関わりをしている企業様が多数あり。

 企業の業績が伸びてもそこに勤める人、その家族、お客様、株主など関わる人達が笑顔でなかったら企業の真の成功ではないという思いのもと、数字だけではなく、「人」と関わる事で、結果として業績を伸ばすことを信条とします。

 業績としては、中小製造業1社昨年売上げ116%アップ。士業1社1年後売上げ3倍。塗装業にて3ヶ月で3倍の新規取引先獲得など。

対象となる方

企業様とのお付き合いとなりますが、どこまで関わるのかはお話を伺って決定。
現在の企業様は経営者~社員まで関わらせていただいております。

提供できること

 企業様に働く社員が活き活きとし活性化してきます。その上で、業績が向上しています。
 関わる範囲にもよりますが、主体性を持った社員が育ってきます。
 企業様との関わりは半年、1年と長期に関わりを持っており、長期の関わりの中で成果を確認しあいながら、成長をしております。
 同属企業にも数社関わりを持っておりますが、今まで変革できなかった風土の改革(社員が元気な企業風土作り)を実現しております。

期間・時間

月に1回~2回の訪問コーチングを組み込んだ複合的サービスをお客様の要望に応じ作成していきます。
基本として半年・1年・3年・1年毎の更新などが主な期間となっております。

活動拠点

活動拠点は全国だが、少数の企業様と密に関わりたいため、新規のお客様は、関東・中部地区・近畿に限定しております。

サービス内容

チームやグループを上手に機能させるために必要なのは、チームやグループの目標がはっきりと決まっていて、それを全員が共有していることです。とはいえ、リーダーが一方的に引っ張っていこうとしても、空回りに終わりがちです。
 こんな場合に有効なのがコーチングスキルです。一方的なリーダーシップや、バラバラなコミュニケーションではなく、チームやグループが持っている目標を導き出すことが大事なのです。うまく目標を共有していくコーチングの技術こそ、チームやグループを一丸とするために必須と言えるスキルでしょう。

このページの先頭へ